ライン

株式道場(なぜ損切が必要なのか)

ライン





なぜ損切が必要なのか?

今回は損切りについて説明していきたいと思います。
ウォール街には「最初の損切りがベストの損である」という格言があります。
これは傷口が大きくなる前に、見込み違いのポジションは早々に処分したほうがいいという意味です。
しかし、中には損切りは必要無い、「株価が下がったらならナンピンして平均買付単価を下げればいいだけだ」
と言う人もいると思いますが、私は損切りは必要だと思いますので、その理由を説明していきます。

まず損切りをしない人は、
含み損はあくまで含み損であって利益を確定させない以上、損失が確定しないという考え方です。
たしかにこの考え方一理ありますが、この考え方には2つの懸念材料があります。

①含み損が今後さらに拡大するリスクがある
②塩漬け状態になってしまい、他の銘柄に投資ができない

含み損が今後さらに拡大するリスクがある

人間はどうしても利益は早く確定させて、損は出来るだけ確定させずに戻るまで待とうとしてしまいます。
その為、今の価格で売ってしまうと損がでるので戻るまで待とうと考える人が多数だと思います。
しかし、株式投資の場合、ここまで下がったのだからこれ以上下がらないだろうという考えは間違っている事がほとんどです
その理由は人間は都合の良い方に物事を考えるので目測が甘くなってしまうことが多々あるからです。
今後、株価が回復する確固たる理由があれば問題ないかもしれませんが、「株の世界に絶対は無い」ということだけは常に頭に入れておいてください。
そして、まだまだリスクを抱えているということを覚えておいてください。

塩漬け状態になってしまい、他の銘柄に投資ができない(機会損失)

塩漬けとは保有している銘柄が買値より大幅に下落し、売却した場合に損失が大きくなるため、「売るに売れない状態」のことをいいます。
一般に塩漬け銘柄は、含み損(評価損)が発生しており、評価損は実際に売らなければ実現損にはなりません
しかし、その銘柄が将来確実に上昇するという確証はなく、評価損は現実的といえます
また塩漬けの期間、その分の資金が固定されるため、他の銘柄に投資した場合に得られたかもしれない機会利益(儲け)を逃すことにもなります。
ちなみに株式投資の中で起こした失敗のランキングを見てみると、
売り時を逃して塩漬け状態になってしまったことがあるというのが1位になっています
それだけみんなが通る道なのかもしれませんね。
たしかに私も最初のころは損失を確定させるのが嫌で塩漬け状態になってしまった銘柄がありました。

損切りのルール

塩漬けを防ぐには「買値から何割下がったら売却する」といったように、損切りのルールを決めておくのが有効とされています
しかし、某マネー雑誌の調査では「ルールなない」「ルールはあるが、必ずしも守らない」という回答が合計で90%を超えているみたいです。
では、損切りルールはどのように設定するのがいいのか?
デイトレードなどは動きの激しい銘柄中心にトレードを行うので、
1%、2%の下げで売ることになりますし、一概にこうなったら売却などはケースバイケースで変わってきます。
あくまでも参考的なルールですので、みなさんは自分自身にあったルールを作ってください。
その場合は、自分の取引スタイルは、デイトレードなのかスイングなのか長期なのか、資金の分配などを考慮して考えるようにしましょう。
基本的に損切りというのは損失がでますので、できるだけ低い方がいいということになります。
しかし、単なる局所的な下げで売ってしまってはダメなので、バランス良く設定しなくてはなりません。
例えば、一律10%下落したらで売るなどでは無く、
1万円以上の株価銘柄はマイナス5%で売却、
1,000円の株価銘柄はマイナス7%で売却、
100円台の低位株はマイナス10%で売却など株価によって損切りラインを変えています。
または、逆張りで買った場合などは、75日移動平均線上で買っいる場合、その平均線を下回ったら売るなど買ったときの理由により、損切りのタイミングも変えていきます。

初心者の損切りライン

初心者の頃から細かく損切りラインを決めるのは難しいと思うので、それは徐々に覚えていくとして、初心者の頃は損切りラインをマイナス5%で設定してしまうのがいいと思います。
単純に1,000円で買った場合、950円以下になったら損切り、
1万円で買った場合、9,500円になったら損切りです。
なぜ5%なのか?
まず一番大きな理由は初心者の頃は売買の回数を増やし株式投資に慣れるということも大事ですので、比較的低めの数字を設定しています。
また、日経平均株価の1日の平均変動率は約3.7%ですので、それ以下にルールを定めると単なる局所的な下げの時に売ってしまうことになりますので、それよりは高く設定しています。
またマイナス10%など大きくルールを決めてしまうと損失も大きくなり、損切りができない(塩漬け)などのケースもあり得るからです。

決めた損切りラインを守る

損切りで一番重要なのは、損切りをどこで設定するのかではなく、その決めたルールを必ず守るという事です。
そのルールは銘柄によって変えてもいいですし、一律で決めてもいいのですが、大事なのは決めたルール通りに損切りを行う事です。
私も初心者の頃は損失を確定させるのが嫌で途中でルールを変えたりナンピン買いをしたりしましたが、結局損切りはルール通り行うのが一番良いということがわかりました。
それでも損切りができないという人は、自動売買システムを使うのがいいと思います。
最近のネット証券はいくら以下になったら売るというのが設定でき、それを設定しておくと機械的に売買してくれますので、迷う暇も無く売買してくれますのでいいと思います。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.