ライン

株式道場(株は、買うよりも売る方が難しい)

ライン





上手に株を売る為の3ステップ

「欲」と「恐怖」が株を売る邪魔をする

株を買う時は、企業業績やチャートをチェックして「エイッ」と勢いで買えばそれで終わりですが、売るときはそう単純にいきません。
「株価が上がってきたから、売ろうかな。でももっとあがるかもしれないし・・・」。
迷っているうちに株価が下がり売るに売れなくなってしまったり、反対に、株価が下がったのであわてて売却したら、直後に株価が急上昇して悔しい思いをすることもあります。
株の売却が難しいのは、株価が最大限に上がりきってから売却したという「欲」と、損をすることへの「恐怖」が判断の邪魔をするからです。
自分の感情をうまくコントロールできなければ、株式投資で成功することはできません。
また、株を売るベストタミングはその人の目的や投資期間、株を買った時期によって異なります。
雑誌で「この株買おう」という記事は見かけても、「この株を売ろう」という記事はあまり見かけませんよね。
株の買付時と違って参考になる情報が少なく、自力でタイミングを見極めるしかないのも売りが難しい理由です。

3つのステップで株を売ろう

ステップ①株を売るシナリオを立てる
株を買う前に、どんな状況になったら株を売却するかシナリオを立てます。
目標をあまり高く定めないで、「株価が2割上がったら売る」「○○円になったら売る」と考えた方がうまくいきます。
長期投資の場合は、特に目標ラインを決めなくてもかまいません。
ステップ②情報を収集する
株を買った後は、新聞や雑誌で株価や企業の動向をチェックします。
自分の立てたシナリオとは違う方向に向かっているようなら、株を売却するなど素早い対処が求められます。
ステップ③シナリオ通りに売却する
株価が目標ラインに達したら売却します。
特に目標を設定しない場合は、株を買った時と同様にチャートを利用して有利な売却タイミングを逃さないようにします。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.