ライン

株式道場(有望株でも、買うタイミングを外すと儲からない)

ライン





4つのステップで株価の波を分析しよう!

テクニカル分析で「買い」のタイミングを見つける

銘柄が決まったら、次は買うタイミングです。
いくら優良銘柄でも、このタイミングを間違えるとなかなか儲けが出せません。
株価は波のように上昇・下降を繰り返しているので、うまく上昇波に乗れれば成功しますが、株価がピークの時に乗ってしまうと後はただ下がるだけです。
株を買う前に、今が上昇波なのか下降波なのか、上昇波ならどのあたりにいるのかを確認しましょう。
株価の「波」をとらえるのに役立つのがチャートです。
チャートは過去の株価をグラフにしたもので、グラフの形を見れば現在の株価水準が高いか安いか、これから株価がどう動くのかがある程度予測できます。
個人投資家の中にはチャートを無視する人もいますが、チャートにはもともと航海に欠かせない「海図」という意味があります。
はじめて株式投資という荒波に投げ出されたビギナーにとって、チャートは自分の現在地を知るために欠かせないツールといえます。
これからの航海をうまく乗り切るためにも、最低限の知識は身につけたいものです。

4つのステップでチャートを分析する

チャートは長期・中期・短期の順番で見ていきます。
最初に10年単位の株価の流れを把握し、次に2~3年単位の流れを見てから、最後にここ2~3ヶ月の株価の動きを確認します。
チャートには色々な種類があり、分析方法もバラエティに富みますが、あまり細かい部分にこだわらずに基本的な見方を抑えるようにしてください。
チャートは、市販されているチャートブックやインターネットで調べられます。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.