ライン

株式道場(株で損をしてしまう人の特徴)

ライン





株で損をしてしまう人の特徴

株で損(失敗)する人の15の特徴

①「自分は株で儲けられる」と信じている
②「自分は個人投資家である」と名乗っている
③かつて株で儲けた記憶をいまだに忘れられない
④すぐに結果がでると思っている
⑤とにかく「株で大儲けしたい!」と考えている
⑥日常生活の一部としてなんとなく株式投資を行っている
⑦株式投資によって企業を応援したい
⑧新聞やニュースを見て株価予想するのが大好き
⑨「会社四季報」をいつも手放さない
⑩儲けるチャンスは誰にでもあると思っている
⑪「特ダネ」や「ブランド」が大好き
⑫予測と予想を同じ意味だと思っている
⑬大きく損が膨らんだ株を放置している
⑭損をしたことをすぐ忘れてしまう
⑮「あなたの趣味はなんですか?」と聞かれて「株です」と答えている

あなたは何個当てはまりましたか?

まぁこれに当てはまっても儲けている人は設けていると思いますので、参考までに。

株で大損(大失敗)する人の特徴は?

①欲張りで非現実的な考え方
成功する投資家も失敗する投資家も、株を売り買いして利益(損益)を出すという意味では同じ行動をとっています。
しかし、その両者の考え方には大きな違いがあります。
失敗する投資家は、自分の投資スキル・知識を過大評価し、「1年で資金を10倍にする」「3年後には億万長者」など、テレビで見たようなことばかり考えています。
あれは、たまたまITバブルに重なったり、アベノミクスなど、特別な時期に起こったことで儲けた人がテレビにでているだけでその何倍も損をした人がいる事を忘れないでください
特に短期間で一気に儲けようとする投資方法はリスクが大きくギャンブル的なものになりがちで、大きな損失を出す可能性も上がります
では成功する投資家の考えはどうなのか?
成功する投資家は短期で大きく稼ごうとは考えず、長期にわたって安定した収入を得ることを調子の目的にしています。
それによって過度に熱くなりすぎず、リスク管理に目を配りながら的確な投資ができるのです。

②自分が正しいと思い込む
しっかり企業情報を調べチャートもチェックした!
間違いなく値上がりすると予想して買った株価がその予想に反して値下りした時にどういう行動をとるかによって失敗する投資家か、成功する投資家か分かれます。
失敗する投資家は、その株を塩漬け状態にしてしまいます。
「あそこまで調べたんだからいつか株価は戻るはず」とその株に見切りがつけられずいつまでも保有してしまいます。
それに対して成功する投資家は、自分の判断がミスだったと素早く気づきます。
ミスに素早く気づくことにより、損失を最小に抑え次に投資に生かしていけます。

③投資手法が確立していない
失敗する投資家ほど、色々なことに手をだします。
株価の変動やトレンド、出来高は?
PERはどうだ、25日移動平均線はどうだなど、色々な指標を調べ相場を予想していますが、指標となる数字が多すぎてゴチャゴチャしてしまっています。
さらに、何度かそれで失敗するとすぐに投資手法を変更するのです。
それに対し成功する投資家というのは、前述の通り失敗の判断は早い段階で見切りをつけますが、一度決めた投資手法は簡単には変えません。
それはなぜか?
失敗する投資家というのは、本やインターネットでこうすれば勝てるという手法を取りいれ、それをさほど考えず実行します。
そして数回試して結果がでないと「これはダメだ」と判断して、すぐに次の手法に取り掛かります。
反面、成功する投資家というのは、本やインターネットで手法を取り入れるまでは一緒かもしれませんが、それを自分自身でしっかり確認、検証をして納得してから投資手法として使用しますので、数回ぐらい損がでたからといってやり方を変えたりしません。
どんなに成功している投資家でも、全ての勝負で勝つというのは不可能で、利益を出したり、損失をだしたりしながらトータルで利益をだしているのです。
その為には数回の損失で諦めないだけの確証をもった投資手法を行い、やり抜く芯の強さが大事だといえます。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.