ライン

株式道場(株の取引きには方法や時間のルールがある)

ライン





株の取引き成立の流れを見てみよう!

株の売買はどうやって成立する?

Aさん「ねぇ、この株500円で買わない?」
Bさん「うーん、ちょっと高いなぁ。450円だったら買ってもいいんだけど」
株の売買は、売り手と買い手の条件がピッタリ合った瞬間に成立します。
もし、ここで「500円で買うよ」という人が表れれば、株はそお人のものです。
それでは、500円で買いたい人が2人現れたらどうするのでしょうか?
答えは、先に注文をだした人の勝ちです。
同じ値段を付けた人が複数いる場合は、先に注文した人が優先されるからです。
これを「時間優先の原則」といいます。
同様にAさんとBさんが株を売ろうとして、それぞれ700円、750円の値段を付けた場合はどうなるでしょうか?
株式市場では、より自分に不利な値段を付けた人の注文が優先されるので、安い売値を付けたAさんの取引きが先に成立しています。
これが「価格優先の原則」です。

初心者は指値で注文しよう!

株の注文には売買価格を指定する「指値」と、指定しない「成り行き」があります。
指値注文の場合は、指定した値段かそれよりも有利な値段がつかない場合は売買が成立しません。
必ず希望価格で売買できるというメリットがありますが、市場の参加者が少ないなど、場合によってはなかなか取引が成立しないこともあります。
成り行き注文は、「いくらでもいいから売買したい」と相手の言い値で取引するので売買が成立しやすい反面、予想外の値段がつく可能性もあります。
どちらを選ぶかはケースバイケースですが、成り行き注文では急に株価が大きく変動することがあるので、初心者は指値で注文した方が安全です。
特に、1株当たりの株価が高い銘柄は変動幅が大きく、要注意です。

指値では、現実的な値段で注文する

いくら安く株を買いたいと思っても、昨日の株価が1000円だったものを今日300円で買うのは無理というものです。
早く売買を成立させたいと思うのなら、なるべく現実的な値段で注文しなければなりません。
株かは時々刻々と変わっているので、証券会社に電話したり、インターネットやラジオで最新の株価をチェックして、「これならいけるかも」と思う値段を予想してください。
証券会社の店頭のクイックという端末をたたけば、気配値(売り手と買い手がだしている値段)がわかります。
ホームページに気配値を表示している証券会社もあります。

株価の上下には値幅制限がある

また、株式市場では株価があまり乱高下しないように一日あたりの値幅制限を設けています。
もし、取引時間中に「A社がどんな病気でも治す万能薬を開発!」なんて大ニュースが流れたら、A社株に投資家が殺到して株価が暴騰し、収拾がつかなくなりますよね。
それを避ける為に、株価が100円未満の銘柄は上下30円、1万円以上2万円未満の銘柄は上下2000円というように制限を設けているのです。
株価がこのラインまで上がったらストップ高、下がったらストップ安ということで、一時取引が停止されます。

取引時間は平日の午前9時から午後3時

株の売買注文を出せる時間帯は、証券会社によって異なります。
早朝や夕方でも証券会社に電話がつながれば注文できるし、インターネット取引ならほぼ24時間注文可能です。
とはいえ、注文をだせば即実行されるわけではありません。
証券会社に何時に注文を出そうが実際に取引が行われるのは株式市場がオープンしている時間だけです。
夜中にデパートで買い物をしようと思い立って家族に買い物メモを渡しても、実際に買えるのは翌日お店が開いてからですよね。それと同じです。
株式市場が開いているのは、基本的に平日の午前3時から午後3時まで(年末年始を除く)。11時から12時30分の休憩を除くと、取引時間は正味4時間半です。

寄り付き・大引け

最初の取引きが「寄り付き」、最後の取引きが「大引け」

先ほど、株の取引き時間は午前9時から午後3時までといいましたが、時間帯によって売買の成立方法が異なります。
株式市場のご縁中の取引きを「前場」、午後の取引きを「後場」といい、その日最初に成立した取引を「寄り付き」といいます。
寄り付きは朝9時までに証券会社に出された注文をすべて同じ時間に出されたものとみなし、まとめて売買を行います。
このやり方を「板寄せ方式」といいます。
通常、一日でもっとも取引量が多いのは寄り付きで、「ミニ株」「るいとう」の売買も寄り付きで行われます。
寄り付きから昼休みまでの注文は「ザラバ方式」といって、1つ1つの注文を価格優先の原則と時間優先の原則を適用して売買します(つまり、先に不利な値段を出した人の取引きから実行するというのです)。
ザラバは寄り付きに比べて取引量が少ない為、成り行き注文だと予想外の値段がつきやすくなります。
時間に余裕があるならザラバで株価の動きを見て買うのもいいですが、早く有利な値段で取引したいなら寄り付きで売買した方がベターです。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.