ライン

株式道場(情報収集や銘柄選びにもインターネットは大活躍)

ライン





インターネットは株式投資の強力な味方!

株価チェックから損益管理まで無料サービスが充実!

インターネットが役に立つのは、売買注文よりもむしろ情報収集や銘柄選びにおいてかもしれません。
証券会社はもとろん、金融系のポータルサイトでも「これが無料?」と驚くほど充実したサービスが容易されています。
昔は個人投資家が入手できなかった情報も簡単に得られるのですから、これを利用しない手はありません。
金融系のポータルサイトで利用できるのは、市場の20分遅れの株価情報や過去10年分の株価チャート、ニュース速報や企業業績などです。
気になる銘柄の株価を常時チェックできる銘柄登録サービスや、金融資産のポートフォリオ(一覧表)が作れるサービスもあります。
証券会社のホームページで利用できるのは、リアルタイムの株価情報やチャート、企業業績、アナリストレポートなどで、証券会社に口座を開設していれば無料でほとんどのサービスを利用できます。
情報面だけでなく機能面でも充実しているのが特徴で、野村証券や大和証券では検索サービスも利用できます。

インターネットの便利なサービス

リアルタイム株価
証券会社のサイトではリアルタイム株価、金融ポータルサイトでは20分遅れの株価が見れます。
株価チャート
一定期間の株価チャートが見られます。単位は1日、3ヶ月、1年、10年など、もっと沢山あります。

チャート



企業情報検索
会社名から企業情報(事業内容や最近の業績など)を検索できます。
スクリーニング機能
スクリーニングとは「ふるい分ける」という意味。「株価1000円以下PER20倍以上の会社」など、条件に合う銘柄を探せます。
銘柄登録機能
気になる銘柄を登録しておくと、常に最新の株価やチャートをチェックできます。

銘柄登録機能



損益管理機能
手持の銘柄を売却すれば利益がいくら出るかといった損益計算を行えます。
トリガーメール
株価が一定の値段になったら携帯電話やインターネットのメールに知らせてくれるサービス。
登録すれば、売買タイミングを逃さずにすみます。

インターネットで株の勉強をしよう!

インターネットは株の勉強にもうってつけです。
初心者が株の基礎知識を学べるサイトは無数にあるし、株式市場の解説や銘柄分析コーナーもあちこちで目にします。
証券取引所や証券会社、マネー関連のポータルサイトをいくつからまわれば、ひと通りの知識は身につくでしょう。
バリバリの株サイトではなく、もっと初心者が気軽に入れるホームページがいいという人には、エンターテイメント系の読み物サイトや個人投資家の株日記、読者同士が交流できるコミュニティサイトがおすすめです。
株式投資についてわからないことがあれば、チャットや掲示板で質問すれば誰かが答えてくれるはずです。
コミュニティサイトを利用する場合の注意点は、他人の言葉に振り回されないように一定の節度を保つという事です。
チャットや掲示板では、たまに根拠のない噂話やあやしげな情報が混じっていたり、わざとウソの情報を書き込んで株価を操作しようとする不心得者もいるので、注意してください。
インターネットに限らず全ての情報源にいえることですが、情報をそのままうのみにするのは危険です。
必ず複数の情報源にあたったうえで、自分自身の経験や常識に照らし合わせて判断しましょう。
もしその情報で不利益を被ったとしても、最終的な責任は自分自身にあります。
特に銘柄選びでは気を付けて下さい。

Copyright (C) 株式道場. All Rights Reserved.